失敗しないアイアンクラブの選び方!アイアンショットのコツと注意点

アイアンは「ゴルフ」というドラマを演出するためには欠かせない脇役たちです。

あなたのアイアンショット、調子はいかがですか?

シャンクしたりプッシュアウトしたりダフったり、タテカン(ピンハイまでの距離感)が合わないショットが出て困ってはいませんか?

今回はアイアンクラブに関する興味深い勉強をしましょう。

ミスはゴルフにつきものですが、その原因がわからないと上達は望めません。

ゴルフでアイアンを使う場面といえば、ターゲットのピンまたはグリーンを直接狙うときがほとんどです。

スコアに直結するだけに、ハラハラ・ドキドキ、プレッシャーがかかります。

ドライバーショットのように距離重視で方向アバウトで打つのではなく、アイアンのスイングはもう少し繊細なテクニックを求められます。

今回は、ゴルフがプロ並みに上達する基本テクニックとアイアンのスイングに関わる大事な知識をまとめました。

アイアンショットがうまくなるためには、アイアンクラブそのものの知識を知り、その次にスイングのテクニックのポイントをおさえましょう。

 

アイアンの正しいスイングを手っ取り早く学びたい方へ

アイアンのスイングは以下の方法で改善することはできますが、最も効率のいい方法はプロに見てもらうことです。

手っ取り早くアイアンスイングの改善を望む方はゴルフスクールに通うことをお勧めします。

その中でも群を抜いて実績を残しているのがRIZAPゴルフです。

全国各地にスクールもあり、まさに結果にコミットするという意味でもおススメできます。

>>RIZAP GOLFの公式サイトはこちら 

失敗しないアイアンの選び方!アイアンの製法や種類を知ろう!

ゴルフはプレーヤーのスイングに対してクラブが合わせてくれるのではなく、自分が選んだクラブにプレーヤーが打ち方を合わせるという主客転倒なスポーツです。

だからこそ上達のためには選び方がポイントとなります。

「彼(敵)を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず」は孫子の兵法(謀攻)の言葉ですが、まるでゴルフのことを語っているようです。

アイアンショットが上手になりたいなら、『彼(道具)』を知り、『己』を知ることこそ上達なるぞといわんばかりです。

まず、アイアン選びの重要ポイントは、「」です。

初心者の方は「顔」がわからないかもしれませんが、クラブを持って構えた時の見た目、雰囲気などを意味していて、結構昔から使われているゴルフの隠語です。

ゴルフはメンタルな部分がショットの結果に大きく関わるため、「最初に付き合いやすいアイアンクラブだと思って購入したか、ちょっとフィーリングが合わない信頼感が持てないクラブという印象なのか」という第一印象があとあとものすごく大事になってきます。

では、アイアンのスイングに対する話から、アイアンというクラブについて、そしてあまりやってはいけないスイングについて解説します。

【アイアンの選び方】

①ゴルフに必要なアイアンの本数は決まっている?

アイアンクラブの選び方では、巷に誤解がたくさん溢れているようです。

ひとつづつ紐解いていきましょう。

まず、一般にアイアンクラブセットというと3番アイアンからピッチングウエッジ(PW)となります。

しかし、近年はユーティリティー(レスキュー)などの登場でアイアンクラブはだいぶ肩身の狭い思いをしています。

ゴルフショップの店頭で売られているアイアンセットというと多くは5番からPWまで、中には5番さえ抜かれたものもあります。

またウェッジは使用する人の考え方で1本であったり3本であったりしますが、基本的にアイアンセットには含まれません

最初に見た目「」が大事だと書きましたが、それ以外にチェックするところがあります。

何度も書きますがゴルフは正しいスペックのチェックこそが上達の登竜門になります。

まずアイアンでナイスショットを打つための伏線として、アイアンクラブの知識を学んでおきましょう。

【ゴルフクラブのセッティングはどうしたいいの?】

②アイアンの製法の違いを知ろう!

アイアンのクラブヘッドは鍛造もの(フォージド)、鋳造もの(キャスト)とハイブリッド形状のものがあります。

ハイブリッドとはダンロップが持っている商標で、アイアンとユーティリティの中間のような印象があります。

こちらはクラブを地面に置いてグリップを離してもフェースが倒れないくらいソール(底)に厚みがあります。

以前はフォージド・アイアンというと上級者用と相場が決まっていました。

これは刀を作る工程に似て、軟鉄を焼いて叩いて鍛えて作る方法です。

手作り系ですから製品のばらつきがあるものの高級感があります。とくにマッスルバックなどは打感が良くてプロ好みといわれてきました。

キャスト・アイアンは鋳型に溶鉄を流し込んで作り、クラブヘッドが肉厚で初心者には安心感があります。

しかし、近年はキャビティバックにして肉厚に見せかけたフォージド・タイプ、または鍛造で作った軟鉄を一部組み込むハイブリッドなど種類が豊富になり、はっきりとした分け方ができなくなりました。

はじめてアイアンクラブを購入するときは、どういう組み合わせのアイアンクラブか?を店員さんなどによく確かめてから購入すると失敗しないでしょう。

【ゴルフクラブができるまで】

③失敗しないアイアン選びには4つのポイントが大事!

アイアンのヘッドの進化はシャフトへの影響を強めています。

以前のスチールシャフトは重くて、ほとんどが手元調子であったためプロや上級者しか使いこなせませんでした。

しかし、最近はカーボンシャフトとか軽量スチールシャフトの出現で、軽くて先調子のものが台頭し価格もだいぶ下がっています。

それだけ選択肢が増えると逆に実力に応じたクラブ選びが難しくなりましたが、その反面自分に合ったクラブならプロ顔負けのショットが打てるようにもなりました。

しかし、実力無視で欲張ったり、間違えて全く不向きなクラブセットを購入すると悲劇が起こります。

アイアンクラブを選ぶときの大事なスペック・チェックポイントは

①重さ=1本ごとの総重量とスイングバランス(C9、D2などの表記)
②シャフトの硬さ(フレックスとトルク)
③キックポイント(先調子~手元調子)
④シャフトとヘッドがどういう組み合わせかを総合的に判断して決めるのがベストです。

【アイアンシャフトの選び方】

④やってはいけない、間違ったアイアンの選び方!

スペックの解説として、一般的なアイアンクラブに対する誤解を書いておきます。

やはりアイアンとなると、ドライバー選びとはだいぶ異なる点があります。

【間違ったアイアン選び】
①クラブが重く感じるから軽いクラブに変えてしまう。これは年齢などでパワーが落ちた時はこのような発想になる方がいます。決して悪くはないものの「アイアンクラブは重いほうが飛ぶ」というのはあながち間違いではないということを知っておきましょう。

それと、アイアンセットを替えることで、ほかのウッドやユーティリティとのバランスが崩れる心配があります。

②初心者に対し「やさしいクラブです」とか「こちらが飛ぶアイアンですよ」的なキャッチフレーズに飛びついてはいけないということがあります。

たしかにクラブ選びの優先ポイントは”打ち方がやさしいクラブ”でなければいけません。

しかし、スペックをよく見れば売るためだけのやさしさとか、飛ばす(???)ことばかりが優先したデザインなどがあり、実際は使いづらいクラブもあります。

近年のアイアンクラブは上級者であってもやさしいクラブを求めているので、全体的な傾向としても使いやすいやさしいものになりつつあります。
それと、アイアンは距離を求めることより正確な方向性と安定した(イメージした)飛距離が大切であることを忘れてはいけません。

単に飛ばすだけではなく、自分がイメージした距離に対して飛び過ぎずショートせずでなければ意味がないのです。

売り込みのうたい文句より、いかに自分のスイングタイプに適合しているかを考慮して購入ましょう。

【アイアンシャフトの重量】

【シャフトの硬さと飛距離の関係】

アイアンショットのミスをする理由とスイング時の注意点とは?

アイアンショットのスイングミスをつぶさに分析すると、打ち方の問題とメンタル面の失敗がほぼフィフティ・フィフティであるという統計があります。

打ち方の失敗の中には、そもそもクラブ自体がプレーヤーにあっていないという結果も多く含まれています。

しかし、メンタル面のミスは練習を重ねて「コンフィデンス(Confidence=自信)」を育てることで回避できます。

このコンフィデンスはとても大事なことなので、いずれ別の項で詳しい解説をします。

では、アイアンショットでミスを重ねるよくある例を掲げておきましょう。

【アイアンは珠のどこをヒットするの?】

①アイアンショットの最下点が間違っている場合のミス

単純なミスのひとつに、<アイアンのスイングの最下点が理解されていない>ということがあります。

ドライバーショットはややアッパーブローに打つためにティーアップが必要で、ボールにインパクトする数センチ手前がスイングの最下点になります。

アイアンショットはボールが芝生に乗っているとはいえ、ティーアップしているわけではありません。

比較的よく見る光景は「しゃくり上げ」るスイングです。

ボールを上に上げようと意思がありありとしていて、クラブフェースでスープをすくうスプーンのような動きをするケースはまず失敗します。

アイアンスイングの最下点はボールとフェースが衝突した2~3cm先で、そこにはクラブが削り取ったターフの形跡が少しでもなければいけません。

それが正しいアイアンのスイングです。

ボールを上げたいときはむしろダウンブローに降ろし、高さはそのクラブのロフトの仕事であると割り切れば初歩的なミスはなくなります。

【アイアンの必須項目~ボールの前が最下点】

②スイング時の体の構え方が違う場合のミス

アイアンショットでミスで多いのはアドレス、グリップ、スイングのどれかが引き金になっていることです。

アドレスとグリップについては別な項で触れるとして、今回はスイングについての解説をしましょう。

アイアンショット時に、もしかしたら第一打でドライバーショットを打ったときの体の構え方の感覚が、まだ体のどこかに残っているかもしれません。

次打のアイアンショットではクラブが短くなる分ポスチャー(構え方)をガラッと入れ替えるイメージチェンジが必要です。

切り替えができなくて頭がゴチャゴチャになると、膝が突っ張ったりボールから離れすぎたりというミスの原因が発生します。

まず姿勢はクラブの番手が大きくなるほど前傾姿勢が強くなります。

当然シューズの先とボールの間隔は狭くなります。

すると当然のようにアドレスの姿勢をとった時の腕の角度は写真のように垂直に近くなります。

ドライバーの時は3~5度の角度で、垂線よりやや前に出ていた腕は9番とかPWの時になると完璧な垂直になることを覚えてください。

この微調整はアイアンの成否のカギになりますよ。

【プロが教えるアドレスの基本】

③ミスとロスを重ねる原因!スイング軌道を間違った場合のミス

アドレスがボールに近くなると、人間の心理は自然に「キケン」を感じるものです。

練習場などボールを打つときにダウンスイングで右脇を締め、インサイドからヘッドが降りてくる打ち方の基本を体で覚えていない方は、あまりにボールが近いためかクラブヘッドを体から遠ざける傾向が顕著にあります。

その結果どうなるかというとアウトサイドイン軌道になり、本来インパクトの時にターゲット方向と直角になるべきリーディングエッジ(ヘッドの刃の部分)がそっぽを向いてしまうのです。

このため、ヘッドスピードは大きなパワーロスをしながら弱々しくボールと衝突し、さらには直角を崩して開いたり被ったりしてさらなるロスが重なります。

こういうショットが出るといわゆる”コスリ球”といわれる勢いがないボールが飛んで、距離も高さも出ないからとてもターゲットには届かなくなります。

一般的にアイアンのスイングでアウトサイドインに振り抜くときは、インテンショナル(意図的に=わざと)にボールを曲げに行くときだけと記憶してください。

もうひとつ大事なことは、アウトサイドインのスイング軌道をとるとシャンクが起きやすくなります。

シャンクはクラブのシャフトの根元のホーゼルという部分に当たるために起こるのですが、インサイドから入ってくる時にはシャンクになることはごく稀にしか起こりません。

【アイアンでこんなダウンスイングをしていると絶対飛ばない】

④ダフリのスイングミスの原因と改善法!

ダフる傾向があるゴルファーは、自分がダフることを怖れつつスイングします。

このようなタイプは根本的な部分を直さないといけません。

ダフるゴルファーの多くは、クラブがボールの下をすり抜けるイメージを持っています。

そうですね、まるでダルマ落としのイメージです。

このタイプは時にバンカーショットや、教わっていないのにロブショットが上手にできることがあります。

これは、打ち方そのものがダルマ落としなので、普通に打つだけで難なくこなしてしまうというわけです。

ダフリが多いタイプはガチガチ流で、ボールに集中するあまりに力んでしまう、何度かミスしたダフリのシーンが構えた時に頭に蘇ることがあります。

ダッファーには「意図的なトップ」という逆のミスショットの練習を重ねただけで、意外と簡単に修復できることがあります。

練習場のマットの上か、あるいはバンカー練習場で、置かれたボールをリーディングエッジでヒットする練習はがおすすめです。

最初から上手く打つというよりも、ミスに近いショットを打とうとするので肩の力が抜け、クラブが上から降りてきて効果的です。

【ダフらない打ち方、直し方】

⑤ボールを打ったあとのヘッドアップは厳禁!

アイアンショット(に限らないのですが)の最も良くないのはヘッドアップです。

人間ですから自分が打ったボールの行方が気になります。

早く見たいという心理もわかります。

しかし、まずは「ゴルフはボールのあった場所をじっと見つめたままクラブを振るゲーム」なのだと、わが全神経に教えこみましょう。

ゴルフのスイングには最低限度のお約束があります。

トップの位置からインパクトして右手が返り、右腕が地面と水平になる間の270範囲の中では『目玉とボールの一点を結んだ線』を動かしてはならないということです。

プロがボールをいとも簡単に打っているように見えるのは、この最低限度のお約束を守っているからです。

アマチュアほど被った帽子の位置が左右上下にブレていて、いかに難しく振っているかがわかります。

スイングの基本は反復性にあります。

何度クラブを振っても寸分も変わらない打ち方がミス率を下げます。

複雑な動きをするほど反復性がなくなることを意識してください。

練習場に行ったら、「ショットしたボールの行方を追わない」という目的を作って練習するのもいいでしょうね。

それこそ、ボールがどこへ飛ぼうとかまわず、目線を左右上下・前後遠近に動かさないという練習方法をおこなうだけでヘッドアップは飛躍的に改善されます。

【スイング中どこをみるべきか?】

⑥ショット時は軸がブレないことが大事!

あなたは「背骨」に意識がいっていますか?

ごくごく当たり前の話でありながら、いざ打つときに忘れてしまうことがあります。

スイング中に体の上下運動をするとボールからの距離が離れたり近づいたりしてミスになるということ。

では、そこを直すにはどうすればいいかです。

スイングを軽く、シンプルに、自然で気持ちよく振るためにはまず、脱力・背骨という軸の存在・ヘッドがどこにあってフェースがどっちを向いているかという3点を意識すればミス率はグッと減ってきます。

クラブがどの番手であろうと、上半身の体幹の意識を欠いてはいけません。

その体感を支えるのが背骨です。

アドレスからフィニッシュまで、背骨の意識が離れないようにすることがアイアン名人になる出発点です。

【ショットが安定しない理由はスイング軸】

アイアンの選び方、アイアンのスイング時の注意点・まとめ

アイアンのスイングミスの大きな原因となるヘッドアップをさせないために、いろいろな教え方があります。

首の付け根の背中側にある突起部分を動かさないように、あるいは頭頂部と尾てい骨の先端を結んだ線を意識すること、またはアゴの先端の位置を絶対に動かさないように・・・などです。

実際どうかというと、これらは全て正論です。

スイングのポイントは身体の軸を中心とした円運動ですから、これらの表現の中からどれか、どれでも自分に一番納得できてやりやすいものを練習すれば、アイアンショットがいかに難しくないかということがわかります。

ゴルフは動かす部分、動かしてはいけない部分がありますが、時に初心者の方は間違えて練習していることがあります。

背骨の軸を中心に上半身をうまく捻転させるだけなのですが、意外と小さな筋肉や手首を誤った使い方でミスに繋げてしまうことがよくあります。

ゴルフは止まっているボールを打つために、ほん些細な動きが成否を決定することを学んでください。

自宅でゴルフが楽しめるリアルゴルフシュミレーター「ゴルフランド」

新型コロナ感染症の影響で、ゴルフ場はおろか、練習場に行くことすらはばかれる方も多い中、自宅で安価にゴルフが楽しめるシュミレーターが誕生しました。それがゴルフランドです。

国内外の有名コースの臨場感を楽しめるだけでなく、スイングのヘッドの動きも映像化することができますから、コースに合わせて、ドライバーだけでなく、アイアンショットを確認することも可能です。

距離、傾斜、ラフなど、本番さながらの状況にあわせて体験&練習ができるので、今後長く続くであろうコロナパンデミックの間に他のプレーヤーと差をつけることも可能になるのではないでしょうか。

リーズナブルな中古プランも用意されており、かつては難しかった一般家庭での利用も可能になっています。詳しく知りたい方は下記より資料請求が可能です。

>>ゴルフランドの資料請求はこちら