ドライバーで飛距離を伸ばす最適なクラブの選び方とスイング法を解説

ドライバーが上手に飛ばせる人と飛ばせない人の差はどこにあるのでしょう?

ドライバーが曲がる人と曲がらない人の打ち方はどこがどう違う?

あなたはそれが体力的なもの、あるいは単に運動神経が良いからだと思っていませんか?

ドライバーの知識を持たないで、「なかなかうまくならない!」と嘆いている人はいませんか?

テレビのゴルフ・バラエティ番組でゲストのお相撲さんがショットしたとき、155cmしか身長がない女子プロの飛距離に及ばないシーンがありましたよ。

これはどうしてなのでしょう?

ドライバーはアマチュアでも200ヤード以上、プロなら300ヤードも飛ばすクラブです。

それだけにミスするとケガも大きくなるので、基礎知識をしっかり持つことが大事です。

世の中に絶対曲がらないドライバーは存在しません。

でも「道具が良いからだ。」という言い方はあながち間違っていません。

最初のドライバーのクラブ選びを間違えることは、上達のための『伴侶』選びも間違えたといえるでしょう。

飛ばして曲がらないボールが打ちたければ「道具の構造」、「飛びの秘訣」、「曲がらない打ち方」の理論を学習してくださいね。

その三つのキーワードを聞いただけでは難しいかもしれませんが、この記事を読めばあまりにも簡単な話で驚かれるかもしれません。

今回はでは、ドライバーの構造、スイングでの飛ばし方、曲げないコツを順に解説していきます。

 

手っ取り早く飛距離の伸ばし方を学びたい方へ

このサイトでは、クラブ選びからスイングまで細かく説明をしていますから、ここで説明している方法で飛距離は伸ばすことができるでしょう。

でも、最も効率のいい方法はプロに見てもらうことです。

手っ取り早く飛距離アップを望む方はゴルフスクールに通うことをお勧めします。その中でも群を抜いて実績を残しているのがRIZAPゴルフです。

全国各地にスクールもあり、まさに結果にコミットするという意味でもおススメできます。

>>RIZAP GOLFの公式サイトはこちら 

 

ドライバーで飛距離を伸ばそう!自分に合うクラブの選び方は?

錦織圭選手がテニスの試合会場に数本のラケットを持ち込むことをご存知でしょう。

どれも外見的にはまったく同じように見えますが、ガット(ストリングス)の張り方がそれぞれ違うんですね。

ストリングスを張るときの張力を「テンション」といいますが、これが強ければ表面の硬さに差が出て打つボールの性質も変わるのです。

錦織圭選手は、その個々のラケットの微妙に異なる性格を知り尽くしているから使い分けが可能なのです。

ゴルフのショットもよく似ていて、まさにスイング理論以前に道具がプレーヤーに適しているか、使いこなせるかが上達の出発点になります。

わかりやすくいうと松山英樹プロのドライバーを石川遼プロが使う、またはその逆のケースも。

そしてグチャグチャなひどい結果になります。

一体なぜなのか?

初心者の方はなんとなくおわかりかもしれませんが、実は多くの方がクラブの構造をよく理解していません。

ドライバーの構造を知らないということは、「なぜ飛ばないのか?なぜ曲がってしまったのか?」の手がかりがなく、上達がストップする原因にもなります。

このように、ゴルフが上手になる第一の条件にクラブの選び方があります。自分に最適なクラブセットがないと伸びしろがないとさえ言えるでしょう。

”良いクラブを選ぶ” これこそが上達の必須条件であり、自分に合わないクラブセットではいくら練習しても早い上達は困難です。

最初から入り口を誤らないよう、まずは己を知り道具を知ることからはじめましょう。

自分に合ったスペックの組み合わせは必ずあります。

①ショット上達にはドライバーの長さ、容積、重さが決め手!

 

まず、クラブの長さはルールで決められています。

ゴルフクラブの全長は、(パターを除いて)18インチ(=45.7cm)以上でなければならず、48インチ(121.9cm)を超えてはならない、と決められています。

ゴルフ競技以外で使うなら違反としての罰則はなく、筆者も50インチのいわゆる長尺ドライバーを振り回している方を見たことがあります。

クラブの長さ測定は、グリップの先端から、規則で決められた地面に60度で接するヒールの角(かど)までが測定されます。

自分に適したドライバーを選ぶなら、身長や腕の長さなどを考慮した上で、ショップの試打などをして決めましょう。

長いほうが当たれば飛びますが、芯に当てること自体が難しくなります。

気持ち長めのクラブで、打つときは2~4cm程度短く持つ計算をしておきます。

初心者は飛ばすことより、コントロール重視の短めのクラブを選ぶことをおススメします。

最近売られている一般的なドライバーの長さは44~48インチという規制目いっぱいが大半で、ヘッドはどのクラブよりも大きく作られています。

かつて、パーシモン(柿の木製)だったころのドライバーヘッドは200ccもありませんでした。現代のドライバーは規則の限界の460ccが主流になっています。

48インチも460ccも2004年にルール改正されたため、以降は長く大きくなる傾向があります。

重さに関しては驚くかもしれません。

一番長いドライバーがほかのどのクラブより軽くなっており、特にシャフトは1本50~70g程度とビックリするほどの軽さです。

【ドライバーの選び方~ヘッド形状と重量】

②ドライバーに備わる飛距離効果やフィーリングを知ろう!

ドライバーの反発係数も知る必要があります。

2008年のルール改正で、SLE(Spring Like Effect)といういわゆるトランポリン効果の規制がありました。

反発係数の大きなクラブで0.830をオーバーする高反発モデルは(競技では)使えなくなったのです。

それ以降、飛ぶクラブは減少するかと思いきや実際は逆で、各メーカーは規則の範囲で飛ばせる新型のドライバーを次々に開発しています。

その結果、最近は打ちやすくて距離が出るドライバーが店頭にズラッと並んでいます。

反発係数が抑えられた現代において、ドライバーを選ぶときにどうしても知っておかなければならない知識のひとつがシャフトの硬さと調子です。

他のクラブも共通していますが、特にドライバーはクラブを振った時のフィーリングが重要です。

フィーリングこそがドライバー選びのポイントで、a)シャフトの硬さ(フレックス)、b)キックポイント、c)スイング・ウエイト(バランス)の3大要素があり、あとはトルクや振り抜いたときの感触などです。。

初級から中級クラスのゴルファーには、一般的に高弾道・低スピンのショットが打てるドライバーがおススメです。

そのためにはシャフトのマッチングが重要になります。

【ドライバーシャフトの選び方~「柔らかい」・「硬い」の弊害と弾道を説明】

③シャフトの硬さとキックポイントの見分け方!

まずシャフトの硬さから説明しましょう。

通常シャフトの硬さはアルファベットで表します。

Lは近年急に減少しましたがもっとも柔らかいもので、硬いほうへ順にA~R~S~Xとなります。

SRというSとRの中間の硬さもありますが、やはり減少傾向です。

XにはXX(ダブルX)やXXX(トリプルX)と並び、パワーがあるゴルファーやプロなどはもっと硬いものを使いこなします。

ある程度、硬いほうがボールが飛ぶといえますが、ヘッドスピードがない方が打つとそれほどいい結果になりません。

ドライバーショットを鞭のように撓(たわ)ませたいなら柔らかいほうが良いでしょう。

しかし、柔らかいほどヘッドのコントロールが利かなくなります。

「シャフトの硬さと飛び」についてはこの後の項目で解説を加えます。

キックポイントは俗に「調子」ともいわれ、先調子、中調子、手元調子とあります。

では「調子」に関する一般的な見方(特性)を掲げておきましょう。

①先調子は初心者向きで、手元調子は上級者向き
②先調子のほうがどちらかというとボールが上がりやすい
③ヘッドの走りは先調子が良くて、手元調子は上がりにくい
④中調子はそれぞれの中間感覚を持ち、タイミング重視で打つ場合には優れもの

【キックポイントの特徴とは?】

④ドライバー選びは、クラブの重さとバランスがポイント!

先ほどから出ているスイング・ウェイトは大事なポイントです。

一般的には「バランス」ともいわれ、クラブをどれにするかと迷ったときに重要です。

そもそもバランスとはクラブの重心位置を示す数値です。

もし同じ重さのクラブがあったとして、重心がヘッドの方に偏っていれば振った感触は重く感じるはずです。

最も軽く感じるのをA0、最も重いものをF9(計測法によってはH0)という物差しにしました。

一般にはこの極端な両端部分は使われず、ほとんどのクラブがB8~E5となり、男子一般のクラブはC7~C9、D0~D6の範囲に収まっています。

わかりやすくいうと、字を書くときボールペンの種類によっては重さが軽いものからずっしり重いものまでありますよね。

さらにペン自体の重心が先か手元かということで書きやすかったり書きにくかったりという個性が出てきます。

これがスイング・バランスで、特にドライバーを選ぶときには注意したい数字なのです。

以前からのスイング・バランスに対する考え方は、初心者の頃にD0クラスでスタートし、徐々にウデが上がってきたらD2、D3、D4、と上げていくのが常識的でした。

しかし最近はそうでもなく、特にドライバーに関してはバラエティに富んだ構造の組み合わせが盛んです。

例えば、クラブ重量が軽いクラスのものに、スイング・ウェイトだけE5などという思いきった設置を試みるメーカーも現れています。

これは軽いクラブでもバランスを変えてヘッドスピードを上げようという意図で作られています。非常にユニークで試す価値があります。

【クラブのバランスについて詳しく解説】

⑤自分に合ったドライバーの重心位置、ロフト、トルクを見つけよう!

ひとつめは「重心」です。ドライバーには重心があり、ほとんどはヘッドの内部にあります。

近年の流行は「低重心」です。

その重心位置はフェース面の芯(スイートスポット)から底の部分に下がるほど「低重心」で、その芯から後方に下がるほど「深重心」とされます。

どちらがいいかということより、使う人のフィーリングに大きな影響を与えます。

次に「ロフト」の問題があります。

ロフト(またはリアルロフト)とはクラブのシャフトを垂直に地面に置いたとき、クラブフェースが空を向いている角度のことです。
通常のドライバーはおよそ10度前後です。

ロフトはほかの数値との関係があって、プロだからロフトが小さく(7~9度)て初心者だから大きい(10~12度)というものではありません。

ロフトは他の数値との組み合わせで、振り抜いたときの感触(トルクも含め)を重視したらいいでしょう。

そして、トルクとはスイングしたときのシャフトのねじれ量を示す数値です。

一般男子アマチュア男子が使うドライバーでは1.5~12くらいのものです。

普通につかわれているカーボンとかグラファイトシャフトでほぼ3~6程度と考えてください。

数字が小さいほどねじれにくいものとなります。

価格が高いほうが良いということはありません。価格幅も10,000円という低価格のものから20万円クラスまで様々です。

価格に比例して良いクラブになるという話は聞いたことがありません。

スペックと価格には、ほぼ関連性がないと考えて大丈夫です。

おススメは中古クラブです。まずは試打で感触の良いものを購入し、何度か交換しているうちに自分に合った本当のスペックが見えてくるものです。

【トルクって何?】

 

【ゴルフクラブの選び方~まとめ】

正しいスイングでドライバーの飛距離を伸ばそう!

ドライバーと自分のスイングがフィッティングしたら、次は最も効率よくボールを打つワザを学びましょう。

では、ゴルフスイングの基本の中から「ドライバーのスイング」に絞って解説しましょう。

そこで注意したいのは、100人いれば100通りの正しいスイング方法があります。

体格、性別、年齢が異なり、そして道具そのものが違うのですから「正しいスイング」は人の数だけあるといえます。

一般的な正しいスイングをやっても、人によっては良くなかったりするなど一概に言えるものではないようです。

ドライバーに求められるものはズバリ飛距離+方向性+安定性」の3点セットです。

ここでは、ドライバーショットでやらないほうが良いスイング、あるいはやってはいけないスイングの注意点を解説します。

飛距離と方向性は分断して語れるものではないので、まとめた形で解説を進めます。グッと洗練されたスイングが可能になるといいですね。

①ドライバーの飛距離に大事な4つのポイント

ドライバーで飛距離を求める時に重要なキーワードが4つあります。

①ヘッド・スピード
②ミート率
③打ち出し角
④バックスピン量

前項で書いた通り、自分に合ったベストなシャフトとヘッドの組み合わせが前提になけれ打ち方云々は語れません。

では、飛距離に大きく関係するポイントを順に進めていきます。

【ミート率を上げるドライバーの打ち方】

②効率良くヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばすためには?

ゴルフの飛距離アップをヘッドスピードのみに頼り、クラブを力任せに振るタイプはミス率が多くケガの程度が深くなります。

こういったゴルファーは「ボールを叩きに行く」感覚が強く、本来の「打つ意識より気持ちよくスイングする。プレーンの途中にたまたまボールがある」という意識改革が必要です。

飛距離を伸ばすのはヘッドスピードを力づくで上げるのではなく、「シャフトのたわみ」という構造をうまく利用すると女子プロのようなボールが打てるようになります。

トップから切り返してダウンスイングに入るときは、ヘッドが遅れてくる分シャフトが内側(体側)にたわむので、そのたわみを生かして手首の角度を変えないことが「タメ」となって飛距離が伸びます。

このたわみの原理を利用すると、十分にタメがあるとヘッドスピードは10〜15%もアップしているのがわかります。

だからといって柔らかすぎるシャフトはボールの制御が不能となり、高く上がり過ぎたり掴(つか)まってヒッカケボールが出たりします。
やはりクラブ選びの段階で、自分に最適なシャフトの硬さと調子に慎重な考え方を持つべきですね。

【飛ばしの秘訣~ヘッドスピードを簡単に上げる方法】

③スイングミスの原因を知ってコントロール意識を高めよう!

ゴルフのスイングには微妙な感性が求められ、ミート率が高い人とそうでない人の差はズバリその点にあります。

具体的にいうとスイング中に、自分が振っているシャフトとヘッドがどこでどのような状態であるか「見えなければ」いけないのです。

ヘッド(頭のイメージ)の中には、ヘッド(クラブ)がなければならないという言葉があるほどです。

特に、フェースの向きがインパクトの時にアドレスで作った角度に戻れるか否かは重要です。

そのコントロール意識がない人は、せっかく早いヘッドスピードが出せたとしても、ボールに衝突した瞬間にフェースが開いたり閉じたりして力の伝達効率が下がります。

それが初速のロスとスライスやフックの原因になることになかなか気づかないのです。

ミスするプレーヤーの共通点はスイングがギクシャクしている、振るたびにバラバラで統一されていない、手首を使いすぎる、インパクト前に頭が移動する(ヘッドアップ)、左右の体重移動が肩幅から外にはみ出しているなどとハッキリしています。

逆にそこを直せば一気に良くなります。

【ドライバーのありがちなミス】

④飛距離アップに必要な「打ち出し角+バックスピン」に最適なドライバーを使おう!

その他のポイントとして、ショットの打ち出し角とバックスピン量があります。

この両者は単独では考えることができず、まさに両者が揃って飛距離アップに繋がります。

実例で解説すると、プロレベルで男子の平均がヘッドスピード50m/sで打ち出し角11.5度、バックスピン量は2,685rpmです。

それに比べて女子プロとなると同様に42 m/s、14.0度、2,628 rpmという統計があります。

ドライバーショットでバックスピンの量が上がると吹き上がってしまい飛距離が伸びません。

ただ、最近のボールは低スピンが一種の流行で、男子プロの数値も理想的には2,500rpm以下になればもっと飛ぶことが解っています。

アマチュアのゴルファーなら女子プロの持つ三つの数値はかなり理想に近く、かなり最適化されているようです。

従って、ヘッドスピードは単に早ければいいのではなく、早ければ打ち出し角を抑えることが必要です。

逆に遅い人は打ち出し角をもっと上げることで飛距離は伸びます。

一般的なアマチュアはヘッドスピードがないのに打ち出し角が低すぎて距離の出ない方がかなりいます。

もう少しロフトの大きなクラブでシャフトを柔らかめにして先調子にすることで飛距離は稼げるでしょう。

【ドライバーのボールが低くて上がらない原因は?】

⑤安定したドライバーショットを打つ練習法!

これまでの解説を参考にドライバーのスイング練習を重ねることで、飛距離に関する悩みはやがて解決するでしょう。

最後に、ドライバーショットの安定性という点でのヒントをすこし解説します。

冒頭で書いた通り、初心者の方は、14本のクラブの中で一番長いクラブが一番軽いということに驚くかもしれませんえ。

それだけに遠心力をうまく利用した「ハンマー投げ」のようなクラブヘッドの捌(さば)きがないとうまく当たらないのです。

また、ゴルフを習いたてにスライスで悩む初心者が多くいますが、最近のドライバーのモデルはスライスの出にくいフェース角や重心角が設定されていて、ドロー・バイアスとかフックフェース(Dタイプ)と名付けて販売しています。

スライスは別な項で解説しますが、スライスを嫌がるとかえって右に曲がる打ち方に陥っているケースがよくあります。

はじめは多少曲がっても気にせず、基本となるスイングに徹しているうちにクラブが修正してくれるものです。

ここまで書いてきた注意点を守って、むしろフックになる打ち方を学んで練習すればスライスは簡単に直せます。

【安定したドライバーを実現するヒント】

 

ゴルフの正しいスイングに必要なドライバーの選び方・まとめ

ドライバーショットは、まず上達のためには自分に合ったクラブが必要であることお分かりいただけたと思います。

慎重にスペックを見て、必ず試打して購入すること。さらに同じメーカーで同じ型式のクラブでも実は微妙に異なるので同時に何本か試すことが大事です。

例えばシャフトひとつにとっても、断面が真円のものや、一本全部が均一な肉厚のものはありません。

さらにいうまでもなく、ホーゼルとクラブヘッドの接合部もすべて均一ではありません。

それだけ1本1本が微妙にひずみの違いを持っていて、打ち出されたボールにクラブ自体のクセとプレーヤーのクセが混合します。

クラブ1本ごとのクセを早くつかみ、相手に合わせたスイング作りが急務になります。

こちらの記事にまとめたすべての知識を身に付け、自分独自のドライバーのスイング作りに専念すればきっと上達できることでしょう!

自宅でゴルフが楽しめるリアルゴルフシュミレーター「ゴルフランド」

新型コロナ感染症の影響で、ゴルフ場はおろか、練習場に行くことすらはばかれる方も多い中、自宅で安価にゴルフが楽しめるシュミレーターが誕生しました。それがゴルフランドです。

国内外の有名コースの臨場感を楽しめるだけでなく、スイングのヘッドの動きも映像化することができ、今後長く続くであろうコロナパンデミックの間に他のプレーヤーと差をつけることができます。

新しいドライバーを購入したら、コースで試してみたくなりますよね。

コロナ禍で実際のコースにはいけなくても、ゴルフランドなら臨場感のあるプレイを体験することができます。

リーズナブルな中古プランも用意されており、かつては難しかった一般家庭での利用も可能になっています。詳しく知りたい方は下記より資料請求が可能です。

>>ゴルフランドの資料請求はこちら