ゴルフの練習方法

ゴルフを真っ直ぐ飛ばすための方法とは?ポイントを紹介!

ゴルフをしているなら「真っ直ぐにボールを飛ばしたい」と思う人も多いでしょう。ただ、ゴルフで打球を真っ直ぐに飛ばすことが簡単なことではなく、ある程度コツを掴んでおくことが大事です。

しかし「どのようにすればゴルフで真っ直ぐに飛ばすことができるのか?」と上達する方法について知っておきたいでしょう。真っ直ぐに飛ばすための練習方法とコツについて徹底解説しましょう。

ゴルフを真っ直ぐ飛ばすためのコツとは?

ゴルフで真っ直ぐに打球を飛ばすためにはコツがあります。その方法について確認しておくことで、初心者の方もなるべく早く、打球を真っ直ぐに飛ばすことができるようになるでしょう。方法は以下の点を確認してください。

正しい構えを身に付けるようにする

真っ直ぐに打球を飛ばすようにするためには、正しい構えを身に付けることが大事です。

まず、クラブを持つときは左手の手のひらに沿って自然にクラブを握るようにします。そのためには指の使い方が重要です。

まず、人差し指の第一関節から小指の付け根にクラブを当て、指からグリップの巻いていく感覚で握ってください。

そして、右手の人差し指から小指でクラブを握り、親指は上からかぶせて、付け根の腹で左手の親指を包み込むようにしてください。

最後は左手と人差し指と中指の間に右手の小指を乗せて、右脇をしっかり締めるようにしましょう。

これでクラブの持ち方は完了です。足は下半身を安定させる必要があるため、肩幅よりも少し開くようにして立ちます。

背筋は曲がっているとスイングが安定しないため、真っ直ぐに伸ばすようにしましょう。骨盤ごと前に倒すようなイメージを持つと真っ直ぐになるはずです。

これでスイングをする前の構えは正しくできているはずなのでスイングをに移行しましょう。

スイングをするときは体の力を抜くようにする

ゴルフで打球を真っ直ぐに飛ばすためには体の力を抜くことも大事です。

体に力が入ってしまうと、スイングをするときにブレが生じてしまうため、打球の打ちどころが悪くてOBを連発してしまったり、変なドライブがかかってしまって曲がったりすることになります。

初心者の場合はスイングをするときに打球を遠くに飛ばすことに集中してしまうため、自然に余計な力が入ってしまうことが多いです。

そのため、まずは体をリラックスさせて力を抜くようにしてください。そして、ボールから目を離さないようにすることも重要です。

ボールから目を離してしまうことで、クラブを地面に叩きつけるなど失敗してしまうことがあります。

目線と頭の位置を動かさないようにして、クラブを振り上げるときも体は捻っても目線はボールから離さないように意識しましょう。

インパクトするときに腰を回さないようにする

クラブでスイングしてボールに当てるインパクトの際は、腰を回さないように意識しておくことが大事です。

腰をインパクトする前に早く回してしまうとボールを打つ面が変わってしまうため、球が左や右にスライスしてしまう原因となるでしょう。

そのため、インパクトの際に腰を回すのではなく、左にそのままズラすような感じで打つことが大事です。

そのように打つことでフェースが返らないので、球は真っ直ぐに飛ばすことができます。フェースが開いてしまうようならグローブのロゴを地面に向けるようにダウンしてみることもできます。

手とグラブはスイングと連動しているため、ロゴを地面に向けることでフェースを開くことなく、スライスすることが防げるでしょう。

変に癖が付いている場合は意識するポイントを変えてスイングするようにしましょう。

体幹を鍛えてみる

ゴルフで真っ直ぐ打つためには体幹を鍛えることも1つの方法です。

ゴルフは腕を使ってスイングをするため、腕の力を重視する傾向があります。

しかし、体幹でボールに力を伝えることが重要なため、腹筋をするなどして体幹を徐々に鍛えるようにするのがおすすめです。

体幹を鍛えることによりスイングする際の立ち位置も安定するため真っ直ぐに打球を飛ばす際にブレを抑えることもできます。

体幹は直ぐに鍛えられる部分ではないため、長期的に計画する必要があります。真っ直ぐに飛ばすことと同時に飛距離を伸ばしたいなら鍛えるようにしましょう。

ゴルフで真っ直ぐ飛ばすことができない際の対象法

ゴルフを始めた初心者の場合は、スイングや持ち方などを確認して打ち始めても真っ直ぐに飛ばせないことがあります。

真っ直ぐに飛ばないことには必ず原因がありますが、対処法についても確認することが大事です。以下の点を確認して自分の状況を判断しましょう。

ボールの曲がりを利用する

ゴルフでスイングをした際に狙った方向とは逆に飛んでいくことが初心者の場合は多いです。

これはボールへの回転軸の傾きがズレているためです。グラブにボールを当てたときに回転軸が左に向けばボールは左方向へ、右なら右方向へボールは曲がっていきます。

回転軸を丁度0度の方向に当てればボールは傾かないのでスライスしていくことはありませんが、少しでもズレれば曲がってしまうため、完全にストレートボールするのは難しいです

そのため、ある程度曲がってしまうなら、それを見越して飛ばすことを意識することができます。

多少曲がるとしても、それを計算して打つなら自分の狙った場所に打つことはできるようになります。

完全にボールが真っ直ぐいかないならスライスを利用して打つことも考えてみましょう。

ドローやフェードをコントロールする

ストレートによる真っ直ぐの打ち方は、習得するまでに時間がかかるでしょう。

そのため、ある程度、ドローかフェードを利用するのがおすすめです。

曲がり方をある程度抑えることができるなら、ドローでもフェードでも予測した場所にボールを落とすことができます。

飛距離もある程度は伸ばすことができるため、ストレートに飛ばすのが難しいようなら、曲がりをコントロールできるようにしてスイングする方が早く上達することもあります。

ゴルフで真っ直ぐに打つ際のまとめ

ゴルフで真っ直ぐに打球を飛ばすためにはクラブの持ち方やスイングの仕方、また力の入れ具合などが大事です。

ただ、真っ直ぐに飛ばすのはアマチュアの方でも難しいため、初心者で真っ直ぐにこだわる必要はないかもしれません。まずは、自分の特性を見極めるようにしましょう。

おススメゴルフスクール

チキンゴルフ

当サイトの一押しはチキンゴルフ

初心者にもやさしいとの評判で全国25か所の教室を構えています。

回数無制限で通えるサブスク方式を取っており、集中してうまくなりたい方にもおすすめです。

-ゴルフの練習方法

© 2022 ゴルフのスコアが劇的に伸びる!ハウスキャディが分かりやすく教える基本テクニック Powered by AFFINGER5